dsign

保健師の求人が日本では少ないです

 
最近の投稿

menu

保健師の求人が日本では少ないです

保健師の求人が日本では少ないです

失業率と言うのは世界中でも大きな問題になっています。
近年、日本でも求人は多いですが、離職率が高い傾向が続いています。
中でも保健師の離職が目立つと言います。
その大きな理由の一つとして、長時間の勤務に加えて、代わりになる人がいない事です。
特に、日本では保健師と言うのは一人しか採用しない傾向があると言われています。
大手の企業でも多くの社員を観ているのはだいたい一人になっています。
医務室がある企業は海外では多いのですが、日本ではまだまだ少ないみたいです。
日本人は特に勤勉で真面目な人が多く、海外の人達からよく働き過ぎの人種として捉えられています。
その為、多くの海外から出向に来ている海外の人達は、自国との違いが多く戸惑う事があると言います。
保健師に関しても、採用人数があまりに少なすぎですし、求人の内容についてもよく理解出来ない事の方が多いと言います。
その為、もっと海外のような求人にするべきだと言っている人が多くなっています。

男の保健師の求人も増えてます

通常は、女性の保健師のイメージが大きいと思います。
ですが、近年になって求人でも男性の応募を求めるようになりました。
仕事内容に関しても、力仕事をする事もありますし、男性が多い企業になると同じ同性の方が悩みを話しやすいと思います。
その為、男女の保健師も採用する企業が増えてきました。
どちらかではなく両方採用する事で協力して企業に勤める社員の精神的な負担の軽減を図ったりしています。
それはきちんとした試験を受けて資格が必要になります。
医療の知識も必要になりますし、合格率の低い資格でもあります。
保健師の求人をうまく見つけたい
しかも、正社員として採用される場合には、結婚していたり、家を持っている場合には企業から手当てが支給される事もあります。
少し前までは、採用してもそんなに待遇が良い環境ではなかった為に、保健師はすぐに離職してしまうケースが多かったと言います。
その為、近年になって求人の内容を変えて待遇を上げるなどして、長く勤めて貰う努力もしています。

2016年11月9日 Filed under: 未分類 | @ 11:26 PM
Comments are off for this post

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

この投稿へのコメントの RSS フィード。