dsign

千葉でアンテナ工事をする

 
最近の投稿

menu

千葉でアンテナ工事をする

千葉でアンテナ工事をする

住んでいる千葉でテレビを新しく購入しました。
と言ってもテレビだけ家にもってきても映りません。
アンテナ工事と屋内配線、テレビや映像機器に接続して設定までが出来ていなければテレビの視聴は出来ません。
かつてはアナログ放送を見ていましたが、2011年7月から日本全国一斉に地上デジタル放送に切り替わりました。
2003年から政府が国家プロジェクトとして進めてきた結果、これまでのVHF(超短波)放送からUHF(極超短波)放送に使用する周波数帯を変えました。
当然アンテナもこれまでのVHFアンテナからUHFアンテナに変えなければ受信できません。
千葉で地デジを見るためアンテナ工事を施工する際に、近くの中継基地局にアンテナを向けて受信します。
UHFの電波は直進性が強く、中継基地局と受信側のアンテナの間に遮蔽物がある場合は電波が弱くなって視聴が出来にくくなります。
山陰や高層ビルなどの陰になるとアンテナで受信する電波信号が弱くなるので、アンテナや付属機器を取り付けて改善しなければいけません。

千葉でアンテナ工事を施工する業者

千葉で地デジを見るためにアンテナ工事を施工してくれる業者を探す時に注意する事を考えてみました。
地デジを視聴するにはUHFアンテナを設置して地デジ対応の付属危機を接続させなければいけません。
設置するアンテナは電波の強さにより14素子アンテナ、20素子アンテナなどいろいろな種類があります。
また最近ではデザインアンテナや平面アンテナのように、シンプルで外壁や屋内に設置できるものまで出てきましたが、これらは電波の強い地域に向いているアンテナです。
アンテナ工事は屋根の上に設置する場合作業が危険を伴うため、高所作業の資格を持った業者を選ばなければいけません。
最近ではエアコンの取り付け程度の技量でアンテナを取り付ける業者もいて、設置後傾倒や倒壊の恐れがあるので注意してください。
千葉では東京湾沿いの都心部や山間など中継基地局までに電波の障害になる遮蔽物がある様な地域では、アンテナを高くしたり、感度の良いアンテナにしたり、増幅器で電波を強くしてテレビが鮮明に視聴できるようにする事がアンテナ工事の大きな目的です。

アンテナ工事業者を千葉で探す

住んでいる千葉でアンテナ工事の業者をどうやって探したらいいのか考えてみました。
町の電気屋さん、チェーン展開している大型家電量販店、ネットに出ているアンテナ専門業者などがあります。
それぞれメリットとデメリットがあります。
町の電気屋さんはアンテナ工事が住んでいる地域で多いため、電波の強さを良く知っているのでその地域にあったアンテナを選んでくれます。
屋根の上や高層ビルの高所作業を伴うので、高所作業の資格を待っているか確認したほうが良いです。
また家電量販店や専門業者の中にはエアコン設置程度の技量でアンテナ工事を施工するところもあり、工事事例など参考にしたほうがいいです。
アンテナ工事では、アンテナ設置、増幅器や分配器、分波器を接続、テレビや映像機器に接続し、設定します。
かつては付属機器はそれぞれ電源が必要でしたが、地デジ対応の場合は通電型を使って受信機や映像機器からケーブルを使って電源を得る方法をとっています。
自分がアンテナ工事を千葉に依頼した理由
アナログ時代のテレビ配線や機器を使うと受信環境を低下させる可能性もあり、出来れば専用のものを使って配線工事したほうがいと思います。
千葉で専門業者にアンテナ設置施工工事をする時には上記の注意点を踏まえて依頼する事を薦めます。

2016年10月13日 Filed under: 未分類 | @ 6:37 PM
Comments are off for this post

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

この投稿へのコメントの RSS フィード。