dsign

記念品として保存しているオリジナル印刷の箸袋

 
最近の投稿

menu

記念品として保存しているオリジナル印刷の箸袋

記念品として保存しているオリジナル印刷の箸袋

25年ほど前に大学生だった私は、一人でバイクに乗り近畿地区周辺から中国地区や北陸地区まで遠出して一人でツーリングをしていました。
走る事が目的で特に観光をする事も無く、唯一のお土産は途中で休憩したときに利用した喫茶店のマッチだけでした。
そのマッチにはそれぞれ記憶があり、懐かしい思い出として保存していましたが、結婚する際に、マッチは危険物でもあり、処分する事にしました。
少し寂しい気持ちもありましたが、仕方がないと諦めました。
大学を卒業後、長く勤めていた会社ですが、事情があり、6年前に転職をして、西日本を中心に営業で回る仕事に就きました。
週に3日以上は車や電車で得意先や新規営業先を回り各地を転々としています。
北陸に出張したときに偶然食事をした喫茶店が、昔バイクで立ち寄った店と気づきとても懐かしく思いました。
記念にマッチを貰いたいと思ったのですが、マッチは無く、代わりにお店のオリジナル印刷をした箸袋をいただきました。
それ以来、出張先で食事をした店の箸袋を必ず持って帰る事にしています。
お店の名前やこだわりなどが印刷されている箸袋は嵩張らず、整理し易くて思い出になる記念品になっています。

2016年9月5日 Filed under: 未分類 | @ 11:41 PM
Comments are off for this post

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

この投稿へのコメントの RSS フィード。