dsign

ボランティアなら関東学院高等学校!奉仕の心で人生を豊かに

 
最近の投稿

menu

ボランティアなら関東学院高等学校!奉仕の心で人生を豊かに

ボランティアなら関東学院高等学校!奉仕の心で人生を豊かに

進学校としても知られる関東学院高等学校は、ミッション系学校のなかでもとくにボランティア活動に力を入れています。
定期的な街頭募金や夏休みのボランティア研修会、聖書の通読などを通してキリスト教におけるボランティアの位置付けを理解し、その理念を日々の暮らしに活かしていくことが大きな教育目標です。
卒業までの3年間をかけ、生徒たちは自然なかたちで奉仕精神の意味するところを学んでいきます。
アメリカなどでボランティアや寄付活動が盛んなのはキリスト教が根づいているためだと言われます。
寄付した場合の税金の優遇といった制度的理由ももちろんありますが、より根本的な背景として、キリスト教の平等精神が強く影響しているのではないでしょうか。
「人間は皆、神のもとに平等である。
だから、恵まれた境遇の者は率先して貧しいものを救わなければならない」。
この考えが深く根づいているからこそ、キリスト教ではボランティアが美徳なのです。
決して堅苦しくはありません。
関東学院高等学校ではレクリエーション要素を取り入れ、楽しみながらボランティアの本質を学ぶことができます。

サークルと学生団体の違い!関東学院高等学校卒業後に役立つ

日本でも有数の私立高校だけあって、関東学院高等学校にはボランティアサークルだけでなく多種多様なボランティアサークルが用意されています。
同じ目的をもった学生同士が集まる団体には、サークルのほかに学生団体があります。
似ているようですが、この2つには微妙な違いがあります。
たいていのサークルは母体となる大学や高校の管轄下に置かれていますが、学生団体は学生個人が運営しているのでそうした管轄はありません。
団体の信頼度を高めるため、設立後に大学の公認をとりつけるところもありますが、非公認でも活動は可能です。
サークルには原則として顧問がつきますが、学生団体はあくまで自主運営のため、顧問と呼べる存在はいません。
サークルは大学の管轄下のためボランティア保険なども充実し予算も安定的に得られますが、活動は顧問の意向に左右されるため自由な運営がしにくい面があります。
学生団体はメンバー主体で活動方針を決められますが、予算調達が難しいという欠点もあります。
関東学院高等学校を卒業後、大学でもボランティアをつづけたいならそれぞれの違いをよく理解して、自分のニーズにあったほうを選びましょう。

関東学院高等学校で実感!中高一貫教育のメリット

関東でも指折りの中高一貫校として、関東学院高等学校は実践的な教育理念を掲げています。
中高一貫校というとメディアでも一時期大々的に取り上げられましたが、くわしいメリットとなるとよくわからない、という方も多いのではないでしょうか。
エスカレーター校とも呼ばれる中高一貫校は、中学・高校の6年間をひとつの学校で過ごすことで統一された教育を実現するのがおもな理念です。
一番のメリットは何と言っても、高校受験をパスできることですね。
中学受験でちょっと頑張ればあとは大学入試まで大きな試験がないので、6年間は思いきり自分のやりたいことに没頭できます。
在校年数が長い分、先生との関わりも深くなるので、それぞれの個性を見きわめた進路指導を受けることができます。

もちろん、高校からの中途編入者へのサポートも手厚いので安心です。
関東学院高等学校は毎年一定数の中途編入者を受け入れています。
受験のことをしばらく気にせずに6年間のんびり学校生活を送りたい人は、中高一貫校もひとつの選択肢だと思います。

2016年9月5日 Filed under: 未分類 | @ 9:11 PM
Comments are off for this post

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

この投稿へのコメントの RSS フィード。