dsign

文書保管から廃棄まで

 
最近の投稿

menu

文書保管から廃棄まで

文書保管から廃棄まで

文書保管の年限を過ぎた書類は処分してもよいことになっているのですが、多くの会社では保管年限を過ぎたものであっても保管し続けています。
そのため、トランクルームや倉庫を提供してそういった重要文書の保管場所サービスを行なっている会社では、保管年限の過ぎた書類のウェブ化や、廃棄サービスなどを行なっているようです。
例えば、書類をシュレッダーで裁断するにしても、処理する部屋には認証がなければ入れず、また裁断中も監視カメラによって不審な動きをしないかどうかをチェックしているところが多いようです。
これらの書類はいずれもお重要書類のために持ち出されたりすると非常に困るからです。
その一方で、シュレッダーした文書はリサイクルされて、トイレットペーパーなどになることが多いようです。
文書保管の問題は、組織としては総務の問題ですが、例えば外部のどこに保管されているかも重要で、必要となった時にすぐに取り出せる場所にあるということも重要なのです。

2016年7月20日 Filed under: 未分類 | @ 12:13 AM
Comments are off for this post

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

この投稿へのコメントの RSS フィード。