dsign

どういう目的で英文添削が必要なのか

 
最近の投稿

menu

どういう目的で英文添削が必要なのか

どういう目的で英文添削が必要なのか

グローバル化が進んだ現代社会においては、もはや英語はできるかできないかというものではなく、できるのが当たり前でそのレベルが問題になるようになりました。
あるいは第二外国語として日常会話程度の英語が使えるのは当然で、他に第三外国語が求められるようになっています。
とはいえ、コミュニケーションのレベルと文章のレベルでは、なかなかそうもいきません。
そこで重要になるのが、ネイティブスピーカーによる英文添削です。
例えば英語であれば、前置詞の使い方、副詞の使い方、言い回しなどはなかなか日本人には習得しがたいものがあります。
ビジネス文書などでは、ある程度固定の言い回しがあるものの、それでも日本語と一緒で難しいニュアンスを伝えなくてはいけない場面というものはあります。
そういう時に英文添削をしてもらえる相手がいると非常に助かるでしょう。
最近ではメールやウェブを通して、オンライン添削をしてくれるところも登場してきているようです。

自分の作文スキルをあげるために英文添削をする

英語は論理的な言語です。
かなり厳密な程度で論理的であることを求められる言語といってもよいかもしれません。
英文添削も、例えばまとまった文章の場合は、文同士の論理展開を加味して添削してもらうと、自分の文章力があがることにもなります。
むしろそういう論理的な言語だからこそ、英文法という多くの人が苦手であっただろうものが成り立つのであるし、それを学ぶことによってかなり順序立てて系統的に言語を習得できるとも言えるのです。
それに比べて、日本語を身につけている我々は、論理的な文章を書くということが割と苦手だという人が多い印象を受けます。

日本語で考えると書き慣れているが故に、文章が流れていってしまうことが多いからではないでしょうか。
しかし、英文で書こうとすると、不慣れな分だけ複雑な言い回しではなく、なるべく短く、簡潔に文章を書こうとするために、言いたいことがクリアになるのです。
英文添削は、こうした点で自分の思考力をクリアにするというメリットもあるのではないでしょうか。

2016年7月20日 Filed under: 未分類 | @ 6:59 PM
Comments are off for this post

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

この投稿へのコメントの RSS フィード。