dsign

半導体・液晶輸送事業を行うキャリムエンジニアリング

 
最近の投稿

menu

半導体・液晶輸送事業を行うキャリムエンジニアリング

半導体・液晶輸送事業を行うキャリムエンジニアリング

東京都の新木場にキャリムエンジニアリングという企業があります。
新木場と言えば、海に囲まれていて、公園が多いところです。
この企業は、半導体・液晶輸送事業を行っています。
半導体とは、電気を通さない絶縁体と電気を通しやすい導電体の中間の物質です。
わたしたちの生活の中にある様々な電化製品や交通、通信に使われています。
身近なものだと、エアコンの温度をちょうどよく運転させたり、炊飯器でおいしくごはんを炊いたりする機能に使われます。
自動車の安全にも関わっています。
医療の現場では、最先端医療のレーザー治療などの機器の制御に使われています。
また、銀行ATMや電車、インターネット、通信などの中枢もこの半導体があります。
つまり、私たちの生活を支える、なくてはならないものなのです。
そして、液晶はテレビ、パソコン、携帯電話などに使われていることはみなさんご存知でしょう。
この半導体と液晶を運ぶ仕事をしているのがキャリムエンジニアリングです。

キャリムエンジニアリングはどうやって輸送するの?

半導体・液晶の輸送を行う仕事をしているキャリムエンジニアリングですが、どのようにして輸送しているのでしょうか。
半導体や液晶は精密機器なので、傷ついたり、壊れたりしてしまわないようにしなければなりません。
そのためにはどうしているのでしょうか。
まず、メーカーで半導体・液晶が製造されますが、その工場で梱包するところから仕事は始まります。
そして、そこから特殊トレーラで出荷し、輸送します。
そして、届け先に搬入し、設置をします。
この全ての流れを一貫して行っています。
その中で、もちろん品質管理もきちんと行っています。
キャリムエンジニアリングと取引開始する
高いスキルを持った専門スタッフが、温度や湿度、振動や衝撃をリアルタイムで監視しているのです。
設置の際には、高い技術力のあるエンジニアが安全で確実なサポートを行います。
また、特殊トレーラ、特殊コンテナ設備もあり、キャリムエンジニアリングはただ輸送するだけでなく輸送の計画についてもお客様に提案しているそうです。

2016年6月30日 Filed under: 未分類 | @ 9:28 PM
Comments are off for this post

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

この投稿へのコメントの RSS フィード。