dsign

テニスで活躍する日本人の試合をみて思うこと

 
最近の投稿

menu

テニスで活躍する日本人の試合をみて思うこと

テニスで活躍する日本人の試合をみて思うこと

昔触れたことのあるスポーツの試合をみているとふとやりたくなることが多々あります。
最近、テニスの国際試合である一人の選手の活躍が話題になっています。
スポーツにおいて世界で活躍するには、日本人選手は体格や遺伝の面で非常に不利だとされてきましたが、活躍しているその選手は血のにじむような努力を重ね独自の技法や戦法を生み出し、数々の怪我を乗り越え体格差で何倍も上回る外国人選手に引けをとらない試合を展開しています。
そのような姿は、みている私たちを勇気づけ、もう一度若い頃のように体を動かしてみようかという思いを生み出してくれます。
スポーツの試合だけでなく、世界で活躍する日本人に勇気を与えると思いますし、日本人だからといって気後れする必要もないということを教えてくれます。
彼の場合は幼い頃からテニスを練習する設備や環境の整った海外で練習を積み重ねてきましたが、それでも日本人の心を忘れずに日本の私たちに勇気と力を与え続けてくれています。

テニスの試合が教えてくれる日常の大切さ

スポーツの試合をみていて、応援している選手やチームが勝つと無条件に感動したり喜びを感じることができます。
テニスやラグビーなど自分はやったこともないルールも詳しくは知らないスポーツであっても、世界で活躍する日本人をみると日本人というだけで応援したくなりますし、とくにスポーツ面では日本人は体格やパワーの面で非常に不利だと言われているので応援にも熱が入ります。
最近では練習器具や戦法のデータ化などによって、日本人にも強みを見出すことができるようになり、今まで日本人が勝ち上がるのは難しいとされてきたスポーツでも日本人が活躍しています。
テニスの試合などみていると、小柄な日本人だからこそできる細かい動きや努力によって生み出した新たな技などを繰り出しており、スタート地点が違うからといって決して諦めてはいけないということを思い知らされます。
弱みを強みにかえて日々努力することによって私たちはいくらでも成長することができるのでしょう。

テニスプレーヤーが試合に負けていった言葉

スポーツの試合というのは勉強の試験と異なり、結果を残すことが非常に難しいと思います。
勉強は頭の中で記憶していることを出せるかどうかですから、多少緊張していても記憶さえしていれば力を出すことができます。
しかしテニスや野球などのスポーツは体全体を動かさなければなりませんから、頭でわかっていても体が動かなければ力を発揮することができません。
勉強は心と頭の問題であるのに対し、スポーツは体と心の問題であるように感じます。
あるテニスプレーヤーが、ある試合において惨敗してしまったとき、「体が全く思うように動かなかった こういうときもある」と話していました。
体と心のバランスを保ち、その日にベストコンディションをもっていくよう調整することがいかに難しいことかよくわかる発言です。
テニスの試合で勝つために
テニスで活躍する日本人をみて期待されていた試合に勝てなかったとき、私たちは必要以上に残念がったり勝手な分析や憶測をしたりしますが、まずは選手の努力だけではどうにもできない苦労や大変さを理解するべきでしょう。

2016年5月11日 Filed under: 未分類 | @ 9:27 PM
Comments are off for this post

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

この投稿へのコメントの RSS フィード。