dsign

あの娘が、エステタイム?

 
最近の投稿

menu

あの娘が、エステタイム?

あの娘が、エステタイム?

未婚、29歳、独身。
一言で言うならば、それが私のプロフィールだ。
なによりも恐ろしいことはそんな三文字熟語の羅列みたいなので私の一生が説明できてしまいそうなことである。
そして、本当に恐ろしいことはそれを棄却できない私自身である。
結婚していく同期と友達。
それが繰り返されるたびに、私の財布の出費だけがかさんでいく。
なんて不条理な、と思わなくもないけど、流石に結婚式に呼ばれて出席しないなんて不義理はできない。
というか、あとで陰口を言われるのが怖い。
そして、とうとう親友のあの娘までが結婚してしまった。
仮にA子としよう。
A子は正直、かなり太めだった。
だからある意味で私は安心していたのだ。
彼女ならば決して私を置いてきぼりにしないだろう、と。
だが、結婚してしまった。
私の焦りはピークに達しつつあった。
だが、そこでそのA子から耳寄りな情報を聴いたのだ。
エステタイムよ、と。
確かにA子がエステタイムというところに通っているということは耳にしていた。
A子自身あまりメンテナンスにお金を掛けるタイプではなかったのに、とは思ったものの私はスルーした。
そしてA子は結果を出した。

結婚できた理由は、エステタイム?

エステタイムがどんなところなのか?A子に耳打ちされた私は気になり、自分で少し調べてみることにした。
私自身これまでの29年間、エステなどの美容関係のお店にお世話になったことは無かった。
正直に言えば、あんまり必要性を感じなかったからだ。
だけど、今、三十代のお肌の下り坂を目前にして俄かに私を焦りが襲う。
このまま一生独身だったらどうしよう?子供も産めないし、ひとりきりの老後?そんな事実が突き付けられたような気分になる。
「四十越えて独身だったら、シェアハウスだね」とか言っていたA子も結婚してしまった。
裏切者とは言うまい。
彼女には彼女の人生がある。
問題は、そのA子からもたらされたエステタイムの情報である。
彼女の場合は痩身目的でエステタイムに通っていたらしい。
確かに、最近のA子は少しだけアゴのラインがしゅっとしたようには思っていた。
エステタイムの口コミを見る
だけど、男ってそんなところ見ていないものじゃないの?などと思っていた私が間違いだったようだ。
実際にA子は結婚した。
ならば私も肚をくくらねばなるまい。

2016年4月28日 Filed under: 未分類 | @ 7:05 PM
Comments are off for this post

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

この投稿へのコメントの RSS フィード。