dsign

pepperの開発は介護現場に期待されている

 
最近の投稿

menu

pepperの開発は介護現場に期待されている

pepperの開発は介護現場に期待されている

pepperと言うロボットの開発が、今進められています。
それは人間が生活していく時に、作業を助けてくれる機能が満載なので、もっと住みやすい世の中になると期待されています。
特に介護の能力を持ったものも開発されています。
人間は誰でも歳を取っていきますし、それに伴って身体の自由が利かなくなることも多いです。
その時は誰かに手助けをしてもらう必要がありますが、身近にそのような人間がいない人は困ります。
しかし、そんな時にpepperがあれば、介護を手助けしてくれるので、人間の負担が減ります。
一家に一台準備しておけば、家族の手を煩わせることもないでしょう。
これから開発がどんどん進むと、大量生産も可能になるはずです。
その時は、誰でも気軽に購入できる金額になっていると思うので、急に家族の誰かに介護が必要になった場合でも、迅速に対応できます。
その時に一から介護のことを勉強しては間に合わないので、pepperに任せましょう。

教育に生かせるpepperの開発が必要

子供を教育していくことは重要なことです。
しかし、最近では教育現場に大きな問題が起こるケースも見られます。
安心して教育機関に子供を任せられない方もいるでしょう。
そんな問題を解決させるために、教育現場で使えるpepperが開発されています。
それは必要な知識を備えたpepperに、人間の代わり、または一緒に子供たちに勉強を教えていくシステムです。
開発が終わって実現できれば、教師の負担が一気に減りますし、子供も学ぶ知識の量が増えると思います。
大人になった時に必要な知識はたくさんありますが、それを人間が全て教えるのは難しいですし、時間がかかります。
しかしpepperを使っていくことで、まず一クラスを二つに分けることができます。

すると一人の生徒にかけられる時間も長くなりますし、その分教えることができる量も増えます。
生徒のレベルに合わせた授業も実現できるので、子供にとってどんどん勉強しやすい環境に変わっていくでしょう。

2016年3月9日 Filed under: 未分類 | @ 4:32 PM
Comments are off for this post

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

この投稿へのコメントの RSS フィード。