dsign

企業が新入社員研修にかける金額について

 
最近の投稿

menu

企業が新入社員研修にかける金額について

企業が新入社員研修にかける金額について

企業が新入社員を採用したら一番にやらねばならないことに新入社新研修というものがあります。
最近では新入社員研修を専門に取り扱う研修業者も多数存在し、企業の人事課はどこの会社に研修をお願いしようか日々検討しているようです。
かつては新入社員研修は自社の人事部が主に行っていましたが、効率や費用の面で専門業者に外注しててしまった方が良いということが一般常識になりつつあります。
この費用はいったいどのくらいかかるものなのでしょうか。
産労総合研究所のが研修費用について調査したところ、新人が入社した時に行う入社前教育に書ける金額は社員一人当たり、15000円〜30000円という企業が19.7%で一番多いという結果でした。
次に多いのが30000円〜50000円で18.3%でした。
1位と2位ではさほどパーセンテージの差がないことが伺えます。
このような研修費用の平均金額は43798円という結果でした。
ちなみに会社の規模が小さくなるほど教育にかける1人当たりの金額は大きくなるという結果も出ています。

新入社員研修は基本の仕事の進め方が大切

新入社員研修を専門に行っている会社の新入社員研修のとらえ方について会社の担当者のインタビュー記事がインターネットに書かれてありました。
そこには次のような内容でした。
企業における新入社員研修は新入社員が学生から社会人へ意識を切り替えることを目的として行うべきで、新入社員一人一人がこれから会社で働くことへの不安を少しでも軽減すつ役割も担っているのです。
この研修を担当する人は新入社員の立場に立ち、研修内容の組み立て方を理解してから研修に臨まなければなりません。
そして新入社員が一人前の会社員として仕事を出来るようになるために必要である膨大な知識をこのような研修だけでマスターさせるのは不可能なことです。
ですから研修では知識を身につけるための、基本的なの仕事の進め方を教え込むことが重要になるのです。
基本的なの仕事の進め方を身につけるのもなかなか難しいものですが、これを出来ないで放っておくと新入社員が誤った仕事のやり方を身につけてしまうため、会社にとっても大きな損失となります。
そのような理由で、この基本的なの仕事の進め方をなんとしてでも身につけてもらう必要があるのです。

新入社員研修担当者にアンケート調査を行った結果

企業にとって新入社員の教育は非常に大切なことの一つです。
ある会社が企業の人事部の新入社員研修担当者150人対して、「自社の新入社員の現在の課題」についてアンケートを取った結果を見ると、新入社員研修でどのようなことを研修したら良いのかが自ずと見えてくるでしょう。
このアンケートで最も多かった答えは「自ら考えて行動する姿勢が足りない」という回答でした。
続いて多かったのが「メンタル面が弱い」という回答続でした。
その他にも「社会人・組織人としての意識が低い」「自立していない・主体性がない」というような回答でした。
このような毛化から新入社員研修をするときには、新入社員が主体性を持って、みずから行動を起こすような訓練を出来るような研修をすればよいということが見えてきます。
実際の研修では一番多く実施されている研修内容はビジネスマナーについてという回答が多く出てきました。

2番目は社会人・組織人としてのマインドセットという回答でした。
ビジネスマナーも大切ですが、2番目の回答の社会人としての心がまえを重点的に研修する方向に持っていけばよいと思われます。

2016年3月18日 Filed under: 未分類 | @ 2:29 PM
Comments are off for this post

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

この投稿へのコメントの RSS フィード。