dsign

ランドセルとは子供を「ふわりぃ」と飾るもの

 
最近の投稿

menu

ランドセルとは子供を「ふわりぃ」と飾るもの

ランドセルとは子供を「ふわりぃ」と飾るもの

考えてみれば、ランドセルとは六年もの長きにわたって娘の背中を守るものなのだ。
自分が子供の時には考えた事も無かったが、親の立場で考えてみるとランドセルは我々保護者の同志とも言えるかもしれない。
このランドセルにならば、娘の背中を六年間預けられるというものを選ばねばならない。
特に高学年の女子は思春期の入口だ。
下手なものを選べば、娘に余計な心労を負わせることにもなりかねない。
「ふわりぃ」ならばその点、その名前のとおり「ふわりぃ」と娘の背中を守ってくれそうな気がする。
問題はデザインだが、パパとしては「ふわりぃコンパクトクラシック」を推したい。
色はセピアとパールピンク。
その色合いは大人びているようだけど、おそらく長く使っていけば私の娘ならばこの良さに気付いてくれるはず。
なかなかほかの子にも心を開けない娘の孤高と、その態度に隠された慈しみの色合い。
悪くない。
というよりはいいんじゃないか。
……自信満々で妻にお伺いを立てたところ、どうも気に食わないらしい。
もっと乙女チックな色がいいと。
……本当にママはわかってない。

2016年3月2日 Filed under: 未分類 | @ 12:14 AM
Comments are off for this post

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

この投稿へのコメントの RSS フィード。