dsign

クレジットのショッピング枠現金化とは

 
最近の投稿

menu

クレジットのショッピング枠現金化とは

クレジットのショッピング枠現金化とは

金欠。
それは現代社会の宿命のひとつである。
クレジットのキャッシング枠も使い切ってしまったなんてこともあるかもしれない。
だが、欲望とローンの両天秤は標準装備の現代社会。
時に持たざる者に追い打ちをかけるのは社会の病理というよりは、もう生理現象に近い。
……ということで、よく聞く「クレジットカードのショッピング枠の現金化」について調べてみることにする。
さて、具体的な話に入る。
クレジットカードには「キャッシング枠」と「ショッピング枠」が存在する。
「キャッシング枠」を使い切った場合、本来ならば金銭に脅かされる我々に残された手段は、親類友人に恥を忍んで土下座と無心を敢行するか、ケツ毛まで引っこ抜いていくという噂の闇金業者ぐらいという次第なのだ。
しかしながら、第三の手段が存在する。
それが「クレジットカードのショッピング枠を現金化する」という手段である。
当然、「ショッピング枠」はある一定の限度額の中で何か商品を購入することにしか利用できない。
だが、それを現金にすることができるらしい。
本当ならば、まさしく現代の錬金術といった風情である。

ショッピング枠現金化のふたつの方法

さて、錬金術とは言ったものの、「クレジットショッピング枠の現金化」は特に魔術的かつ論理的飛躍をしているわけではないようだ。
単に「ショッピング枠」で商品を購入するという、とても現実的な至極ふつうの手段によって我々は現金を手にするのだ。
では普通に買い物をすることがどうして現金を手にすることになるのか。
その説明をしたいと思う。
簡単にその手段には二通りある。
1、「キャッシュバック型」。
つまり、「現金化業者」の本来は安価な商品を高額で購入し、業者からの大幅なキャッシュバックによって現金を手にするというものである。
2、「買い取り型」。
こちらはそれなりの値段の商品をクレジットのショッピング枠で購入し、購入した商品を中古品として業者に買い取ってもらうことで現金を手にするというものである。

実に単純なシステムだが同時に業者を介することで我々は簡単にスピーディーに現金を手にすることが出来る。
では、このクレジットカードの「ショッピング枠現金化」のメリットとデメリットを見ていこうと思う。

2016年2月29日 Filed under: 未分類 | @ 11:27 PM
Comments are off for this post

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

この投稿へのコメントの RSS フィード。