dsign

オーダーメイドで作ったかつらの修理

 
最近の投稿

menu

オーダーメイドで作ったかつらの修理

オーダーメイドで作ったかつらの修理

オーダーメイドで購入した「かつら」は、丈夫で長持ちします。

自分の頭にネットをかぶせ、かつらをのせるというしくみです。

男性用、女性用、子供用、医療用のフルオーダーがあります。

かつらは、一生使えるわけではありません。

お手入れしだいでは、長く使えます。

しかし、お手入れが雑ですと、2年も使用できずに修理することになります。

修理期間中(45日~2か月程度)は試着品を自宅に送り、修理が完了するまで使うことになります。

修理の主な要因は、ネット(裏地)が破れたり、ウレタンが傷んでしまったり、髪の分け目が抜け落ちてしてしまったりします。

傷んだものを張り替え、ネットが破れている個所にもう1枚ネットを重ねます。

依頼の時は、増毛とネット直しをセットでしていきます。

修復難しい場合があります。

それは、サイズの修正(大きくしたり小さくしたりする)、髪の毛を抜いて、すべて新しい髪を植える、痛みがひどい場合、構造上不可能なものです。

かつらの修理を低価格で

オーダーメイドのかつらは、男性用、女性用、子供用、医療用の4週類からあります。

用途に合わせて料金も違ってきますから、頭にのせるネットが傷んだり壊れたり、破れたりと不具合は様々です。

かつら本体については、分け目部分の取り替え(人工皮膚や頭に被せるネットの交換が可能なもの)やネットの修理、増毛については、分け目だけの部分とかつら本体でも、どちらも同じ料金で低価格で修理しますが、毛の長さが40センチを超えてしまうものには、追加料金がかかります。

また、かつらの周り部位のコーティング(テープやピンを付ける部分)も修理します。

但し、人工毛の場合は、オーダーメイドしたショップと違う毛並みになる時もあるので、作成が難しい時もあります。

持参して頂いた本体を元の状態になるように心掛けて、努力していますが、希望に添えないことがあるので、ご理解願いたいと補足の説明があります。

お預かり後、1か月くらいで納期になります。

2015年8月20日 Filed under: 未分類 | @ 6:18 PM
Comments are off for this post

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

この投稿へのコメントの RSS フィード。